車買取査定とボディーのキズ

車買取査定とボディーのキズ

自動車の買取査定では一定の基準によって判断されますが、ボディーの傷みに関して査定にどのような影響があるのかという点が気になるところになります。査定では外装や内装の状態やエンジンの状態、修復歴や改造が無いかという点が判断基準となります。もちろん走行距離やタイヤの溝の残り具合なども査定の判断要素になってきますが、ボディーのキズと修復状況が査定額にどう影響してくるのかという点が素人には分かりにくい部分となります。ボディーのキズと言えば修復歴が中古車査定で大きなウェイトを占めてきますので、修復歴の定義について理解しておく必要があります。修復歴有りと判断された場合には買取額が下がりますので、場合によっては事故車専門の買取業者を利用する選択も考える必要があるのです。修復歴車とは基本骨格に修復や交換がある場合を言います。乗用車の場合にはモノコックボディーがほとんどを占めていますので、フェンダーパネルやドア、ボンネットなどボディーから取り外しできるパーツを除いた部分のほとんどが基本骨格に該当します。分かりやすく言えばモノコックボディーの基本となる部分が該当しますので、前面の衝突事故があればクロスメンバーやラジエーターコアサポートに損傷が起こりますので基本骨格の修復が必要となります。また後部の損傷ではトランクフロアが該当しますし、側面の損傷ではピラーやルーフパネル、フロアが該当します。他にも基本骨格に該当する部分がありますが、ボディーが著しく変形するような事故を起こした場合には修復歴有りに該当する可能性が高くなるのです。一方でボディーのキズに関しては、基本骨格に該当しない部分の板金塗装や交換は修復歴とはなりませんので、買取査定時に減額されることは無いのです。具体的な例を挙げるとフェンダーパネルの板金塗装や交換がありますし、バンパーの補修や交換なども修復歴にはなりませんので、マイナス査定となることは無いのです。しかし修復した内容に関しては査定者には完璧にわかる訳ではありませんので、基本骨格に近い部分に再塗装の跡がある場合には修復歴があると判断される場合がありますので、買取査定時には自己申告することも大切だと言えます。修復歴に関しては中古自動車査定基準によりどこの業者でも同じ基準で判断していますが、査定を行う人の判断に委ねられる部分が大きいため、修復した内容が分かる見積書や請求書などを保管しておくことも必要なのです。ボディーのキズに関しては、買取査定時に修復歴有と判断される場合とされない場合がある点を理解しておくことが大切なのです。

最新記事

  • 自動車の買取と下取りの違いとは 自動車を売却するにはディーラーの下取りを利用する方法と専門店の買取を利用する方 …

    買取と下取りの違い